施工状況報告ブログ

K様邸


―杭基礎打ち―

平成30年7月25日㈬

地盤調査の結果、軟弱な部分があるということで杭を打つことになりました。しかし比較的浅いところに硬い支持層があり、4mの杭ですみました。最後の写真は杭圧入時に地下の泥が噴出した跡です。現場によっては水が噴出する場合もあります。 s.n

 

 

 

 

 


―瑕疵保険法人 基礎配筋検査―

平成30年8月4日㈯

基礎配筋が完了し、第3者機関の瑕疵担保責任保険法人の鉄筋検査を受けました。基礎の鉄筋は建物の強度や耐久性に大きく影響し、コンクリートを打つと見えなくなってしまう部分なので大事な検査です。 s.n

 

 

 

 

 

―基礎断熱敷設―

平成30年8月27日㈪

土間全面に防湿シートを敷き断熱材を敷設します。基礎立上り部分の断熱材(基礎外周の縦の断熱材)はコンクリートと一体になっていて隙間なく張り付いています。断熱材の敷設が完了すると土間コンクリートを打ち込みます。 s.n

 

 

 

 

 

―木材搬入と土台敷―

平成30年8月30日㈭

木材搬入

1回目の木材搬入で土台・大引き・1階柱が入ってきました。木材がオレンジ色に見えるのは防腐防蟻材のせいで、ホゾ穴の中まで塗布しておきます。最後の画像でわかるように束石・鋼製束は一切使わず布基礎だけで土台・大引きを敷いています。 s.n

 

 

 


2018年8月 | カテゴリー: 未分類| コメントはまだありません »

コメント

コメントをどうぞ